出会い系初心者のための攻略法

初めての出会い系サイト攻略と専門用語辞典
MENU

定期

定期とは

マッチングアプリや出会い系サイトの掲示板に「定期」という文字があった場合、それは「定期的に会う金銭目的の肉体関係」を意味します。
いわゆる「パパ活」のことになりますね。

プロフィールなどで「定期さん探してます」とか「定期で会える人いませんか」みたいに書いてあった場合は、定期的(どのくらいの頻度で会うかはそれぞれ)に会って、お金をくれるパパを探しているということです。
パパとはいっても、必ずしも男性が年上ということでもなくて、同年代でも定期で割り切りしているケースはあります。

継続的に会ってセックスする関係というと、愛人に似ていますが、定期の場合はその男性だけに会うわけではなくて、他の男性にも会ってセックスするので、愛人とも違います。
愛人は月額とかでまとめてお手当を払うようですが、定期の割り切りでは会ったその時にその分のお金を払います。

セフレも継続的に会ってセックスをする関係ですが、セフレはお金を払わないので、その点が定期と異なります。

定期で会っていたら、最初はお金を払うけど、そのうちセフレ関係になるんじゃないかと考えて定期で会ってみようかと思っている方もいるかもしれませんが、そうはうまくいきません。
定期を含めて割り切りをしている女性はかなりビジネスライクなので、なあなあでセフレにしたりはできません。
金の切れ目が縁の切れ目で、お金を払わないとなると、すぐに別の定期さんを探すだけです。

出会い系サイトを使えば、定期など探さなくても普通にセフレを作れてタダでセックスできるので、頑張って探してみる方がお得です。


会える人

会える人とは

出会い系サイトやマッチングアプリの掲示板やプロフィールに「会える人」と書いてあった場合、それは金銭目的の出会いで会える人、という意味です。
いわゆる割り切りの募集です。

「金銭目的で会える人探してます」を略して、「会える人」と書いているようです。

掲示板のタイトルなどに、単に「会える人」と書く場合だけでなく、「会える人探してます」とか「楽しく会える人いませんか」なども援助交際の募集になります。
会うこと前提で相手を探しているような場合は割り切り募集だと考えてOKです。

これが「定期的に会える人」だと、一回だけの援交ではなくて、定期的に会うパパ活みたいな感じになります。
単に「定期」という場合もあります。

なお、「やりとりして仲良くなってから会える人探してます」とか「時間が合う時に会える人探してます」みたいに、いきなり会う前提でない「会える人」の場合は割り切りではありません。
この場合は、普通に無料で会って遊んだりできます。


希望

希望とは

出会い系サイトの掲示板やプロフィールに「希望」と書いてあった場合、それは「お金目当ての出会い希望」という意味です。
割り切り援助交際の相手募集と同じで、お金を払ってエッチする相手を「希望」しているということです。

金銭目的でセックスするいわゆる割り切りは出会い系サイトでは建前上禁止されているので、掲示板やプロフィールに「割り」や「車内F割り」などの援交を意味する隠語を書くと通報されたり運営のパトロールに引っかかってアカウント削除になる危険性があります。
そのため、援交相手を探す男女が使うのが、「希望」という隠語です。

希望という言葉であれば、普通の文章にも出てきやすいので、キーワードだけで引っ掛けることはできません。
しかし、文章の中で意味深な感じで出てくれば、それは割り切り希望と読み取ることができます。

出会い系掲示板での希望の使い方

普通に、「メル友希望です」みたいに何を希望しているのかハッキリ分かる形で希望を使っている場合には、一般的な意味での「希望」を意味します。

しかし、プロフィールの自己紹介文や掲示板の件名の文頭でいきなり「希望です」と書いてあった場合、それは十中八九「割り切り」の意味での希望になります。
また、「車内希望です」みたいな使い方の場合も、「車内割り(カーセックスする割り切り)希望」という意味になります。


生パコ

生パコとは?

「生パコ」とは、生(コンドームなし)でセックスすることです。
「生でパコパコ(セックスの擬音)するから生パコです。
「生ハメ」とも言います。

セックスする際には、一般的に避妊のためにコンドームを着用します。
ですが、男女ともにコンドームを使わない生パコの方が気持ちいいことは、みんな知っています。
ですが、生でセックスすると、妊娠してしまったり性病に感染したりする危険性があります。
だから、生パコは特別なんです。

しかし、ネット上、特にツイッターなどでは生パコできると騙って、悪質出会い系サイトや怪しい情報商材を売りつける宣伝が多いです。
生パコという言葉に安易に騙されないように気をつけてください。

出会い系サイトで生パコする方法

出会い系サイトでは、ヤリモク(エッチ目的)の出会いを探している人が男女ともに多いです。
そのため、出会い系サイトを使えばセックスの相手を探すこと自体はとても簡単です。
初心者でも初心者の出会い系攻略法などを参考にすることで、セックスありの出会いができます。

ですが、出会い系で会った知らない異性と生パコするのはかなり危険です。
始めて会って即ヤリで生でセックスするのはあり得ません。
妊娠もそうですが、病気がかなり怖いですからね。

ですから、生パコしたいのであれば、セフレを作りましょう。
セフレであれば、何回も会ってある程度信頼関係もできていますし、病気を持っているかどうかもある程度判断できるでしょう。
出会い系サイトではセフレ探しも比較的容易なので、生パコできるようないい関係のセフレを作りましょう。
ワクワクメール(R18)などのアダルトに強い出会い系サイトを利用すれば、セフレも作りやすいと思います。


タダマン

タダマンとは

「タダマン」とは、タダでセックスすること。
「タダでマンコする」を略してタダマンという。

出会い系サイトではお金目的でセックスする相手を探している人が男女共にいます。
そういうお金目的のセックスを援助交際割り切りと言いますが、それに対してタダでセックスできるのがタダマンです。

出会い系サイトではいろんな出会いを探している人がいます。
結婚相手を探す婚活や、彼氏や彼女などの恋人探しをする人、それにワンナイトセックスやセフレなどのエッチな出会いを探す人もいます。
その中には、ただ単にセックスする相手を探している人もいて、そういうエッチしたい人にメッセージを送ってうまく会うことができれば、タダマンができます。

しかし、ネット上にはSNSなどで「オフパコできるアプリ」などの怪しい宣伝を見かけます。
そういう怪しい情報に乗せられると、タダマンできないどころか、セックスもできないのに騙されてお金を払ってしまうことになりかねません。
出会い系を正しく使えば、確実にタダマンできます。
ですが、タダマンを餌にした怪しい情報や悪質業者などには十分注意してください。

初心者がタダマンする方法

初心者がタダマンするには、まずは出会える出会い系サイトを選ぶところから始まります。
出会えないサイトでは、どんなに頑張ってもセックスはできませんからね。

初心者が使うのであれば、利用者が多くてなおかつエッチな出会いもしやすいワクワクメール(R18)がおすすめです。
かなり頑張って複数のサイトを使って出会うという方は、ハッピーメール(R18)も同時並行に使うのもありです。

出会い系で初心者が出会うための方法は、初心者の出会い攻略法に詳しく書いています。
一番大事なのは、出会えそうな人を選んでメールすることです。
これに尽きます。

タダマンできる女性の条件は、とにかくエロいこと。
プロフィールなどで、エロを拒否している人はタダマンできません。
また、サイトの利用目的で婚活や恋愛を選んでいる人もタダマンできません。

それと、日記にエッチなことを書いている女性は、一見簡単にエッチできそうですが、そういう人は意外に会えないですし、プライドが高くてセックスに持ち込むのも難しかったりします。
ですから、日記を書いていない人の方がタダマンしやすいです。

私は個人的にしっかりした文章を書いている真面目そうな女性の方がタダマンしやすかった経験があります。
真面目な人ほど、出会い系サイトに登録した以上はキチンと大人の出会いの相手を探さないといけないと考えるからかもしれませんね。
そういう真面目そうな女性に礼儀正しいメールを送ると、意外に早い展開でタダマンできたりするのです。


ダラメ

ダラメとは

ダラメというのは、出会い系サイトやマッチングアプリの出会いの場で使う場合には、世間話的なメールをダラダラと続けることを意味します。
ダラダラとメールする」の略ですね。

出会い系サイトでダラメをいう言葉が使われる場面は大きく分けると二つあります。

ダラメお断りとは?

まず、割り切りなどの金銭目的の出会いを希望している女性とのメッセージのやり取りの場面。
割で会うのが目的の女性は、手っ取り早くお金を稼ぎたいので、割で会える男性を素早く探して、その男性と実際に会ってお金をもらいたいと考える場合が多いです。
メッセージのやりとりを開始したらすぐにでも金額などの条件の話をして、折り合えば会って、折り合わなければ別の相手を探す。
そういうやり取りをビジネスライクにやりたいと考えています。

割り切り目的の男性もそう考えて世間話などせずにすぐに条件交渉に入るケースが多いですが、中には相手がどんな女性かある程度知ってから会うかどうか判断したいと考える男性も少なくないです。
せっかくお金を払ってセックスするのであれば、できるだけ魅力的で性格も良さそうな女性と会いたいと考えるものですから。
そういう男性は、条件交渉の前に女性に容姿やどういうことができるか、タバコは吸うかなど色々メールで質問します。
しかし、早くビジネスの話に入りたい女性にとっては、それがダラダラメールしているように思えて、そういうダラメをする男性を敬遠する場合も多いです。
掲示板やプロフィールで割り切り募集をしている女性で、「ダラメお断り」とか書いている女性は、そういうタイプの女性ということになります。

つまり、割り切り希望の女性が「ダラメお断り」は、「いろいろ質問したりせずに、手っ取り早く援助交際するかどうか決めてくれ」と言っているということです。
そんなことを掲示板やプロフに書いている女性は、あまり性格も良くないし、時間も短時間であまり楽しい思いはできません。
しかも不特定多数の男性と会いまくっている可能性が高いので、病気を持っている確率もかなり高いです。

そもそも割り切りはするべきではないですが、万が一する場合であっても「ダラメお断り」みたいなことを書いている女性は避けておいた方が安全です。

いい意味でのダラメ

割り切りをやっている女性はダラメという言葉を悪いイメージで使っていますが、いい意味で使うダラメもあります。

プロフィールなどで、「いろんな話題でダラメできる男性探してます」とか「ダラメ楽しめる人いませんか」みたいな書き方がされている場合です。

この場合でもダラメはダラダラとメールすることを意味しますが、ここではたわいもない会話をして楽しむ、というようなニュアンスがあります。
このいい意味でのダラメという言葉を使う人は退屈していて、出会い系サイトで暇つぶしできる相手を探しています。

一見そういう女性とはあまり会えなさそうな気がしますが、実はそうでもありません。
ダラメ希望の女性も、会話が楽しくできれば、そのまま会って話そうということにもなります。
そしてそこから恋愛や大人の出会いに発展することも多いです。

出会いたい初心者の方は、いい意味のダラメという隠語を使っている人を狙ってみるのもいいかもしれません。



ブロックする

ブロックするとは

出会い系で「ブロックする」と言った場合、出会い系サイト内の「ブロックリスト」に入れることを意味します。

ブロックリストに入れると、入れられた対象者はその人にメッセージを送ったり掲示板やプロフィールを閲覧することができなくなります。
その結果、以後は出会い系サイト上では連絡を取れなくなります。

ワクワクメール(R18)ではブロックリストと言いますが、ハッピーメール(R18)の場合は無視リスト、PCMAXではお断りリストといいます。
サイトによってブロックリストに入れられた場合の効果は違いますが、それ以降連絡できないという点は同じです。
ハッピーメールでは、無視リストに入れることを「虫かごに入れる」ともいいます。

ラインやFacebookなどのSNSでも、ある特定の利用者が自分にアクセスできないようにすることをブロックするといいます。
ブロックリストにその人を登録するとブロックすることができます。
出会い系サイトで仲良くなって、ラインなどで直接やり取りするようになったけど、思っていた感じと違ったとか、実はやばい人だった、という場合などはラインでブロックしてしまえば、それ以降連絡を取らなくて済みます。

出会い系サイトではブロックリストと似たようなものに、見ちゃいやリストがあります。
見ちゃいやリストは相手が自分の掲示板投稿を見ることができなくなるものです。
相手(Aさん)と仲良くなったけど、まだ他の人との出会いを続けて探す場合、そのAさんにまだ新しい出会いを探し続けていることを知られないようにするために使うのが見ちゃいやリストです。
「自分がまだまだ出会いを探しているのを見ちゃいや!」ということです。
連絡とりたくない相手に使うのがブロックリストで、これからも仲良くしたい相手に対して使うのが見ちゃいやリスト、というところでしょうか。

ブロックされたらどうする?

もし相手にブロックされたらどうしたらいいでしょうか?

一番いいのは、きっぱり諦めて別の異性を探すことです。

ブロックするということは、相手はもう自分とは連絡を取りたくないと思っているということです。
その状態になった場合、もう元の関係に戻るのは難しいです。
リアルの交際である程度長く付き合っている場合などは、ちょっとした行き違いは話し合うことで解決できたりしますが、出会い系サイトやマッチングアプリの出会いで、しかもまだサイト内でやり取りしている段階では、一度掛け違えたボタンはもうどうにもなりません。

また、相手が何も言わずにいきなりブロックする場合、そんな失礼な人間ともうそれ以上付き合う必要ないと思いませんか?
それよりも、もっと性格の良い異性を探して新しい出会いをする方が何百倍も有益です。

特に、出会い系初心者の方にブロックされたりしてもまだ諦めきれなくて何かできないか考えたりする人が多いですが、もう何もできないし、何をしても無駄です。
それよりも、新しい出会いを探しましょう。
ワクワクメールなどの大手の出会い系サイトであれば、もっといい相手とすぐに知り合うことができます。
前の人とのやり取りの経験で、初心者といえどもレベルアップしているはずなので、今度はもっと上手く出会えるでしょう。
初心者の出会い攻略法などを参考に、がんばってみてください!


ママ活

ママ活とは

ママ活というのは、男性がお金をくれる女性である「ママ」を探す活動のことです。

女性がお小遣いをくれる優しいパパを探すために行う「パパ活」に対して、男性がやる場合はママを探すのでママ活といいます。
ママ活と同じ意味の言葉としては、逆援交逆援逆援助などがありますね。

パパ活はセックスなしのデートや食事だけでお金をくれる健全なパパ活も一部あるようですが、ママ活の場合はほとんどがセックスをしてお金をもらいます。
というか、ママ活の相手を探す男性はセックスをした上でお金までもらう、というのがしたくてママ活の相手を探しています。

出会い系サイトの掲示板などを見ると、ママ活のママになりたいというセレブ人妻の書き込みもあります。
しかし、実際にはそういう書き込みは悪質出会い系サイトなどに誘導する業者であることがほとんどです。
ママ活という餌で出会い系初心者の男性を釣って、「旦那に見つからないようにこっちのサイトでやり取りしよう」とか言って、怪しいサイトに登録させます。
そして、あとは不当請求のメールなどが届いてお金を騙し取られたりすることになるのです。

実際、女性はセックスしたければ簡単に相手を見つけることができます。
お金を払う必要などありません。

ですから、ママ活や逆援交などは詐欺の可能性がかなり高いです。
もしもママ活をしている男性がいましたら、十分気をつけてください。

また、18歳未満の男の子と淫らな行為をするのは違法なので、男子高校生など18歳未満の男子には絶対に手を出さないようにしてください。
18歳未満の男子高校生や男子中学生も、出会い系サイトは絶対に利用しないようにしてください。


P活

P活とは

「P活」とは「パパ活」のことです。
パパを「P」とアルファベットで書いて、P活になります。

パパ活というのはご存知の方も多いと思いますが、いわゆる援助交際のことです。
援助してくれる優しい年上男性である「パパ」を探す「活動」なのでパパ活です。
援助交際とか売春というと生々しいので、若い女の子の間でパパ活と呼ぶようになりました。

パパ活というと、セックスなどのエッチな行為なしで、食事やデートなどをして援助してもらう関係のように思われていますが、実際にはセックスありのP活が多いようです。

出会い系サイトでは、援助交際やパパ活のような金銭目的の出会いは禁止されています。
そのため、掲示板やプロフィールなどに援助交際やお小遣いなどのワードを書くと削除されてしまったり、アカウント削除などの処置がとられる可能性があります。
パパ活というワードも最初のうちは援助交際の隠語として使われていましたが、パパ活という言葉も有名になったので、現在では出会い系サイトなどでパパ活というワードも規制されています。
そのため、その規制をすり抜けるために、「P活」という書き方をするようになりました。

出会い系掲示板で「P活中」とか「P探してます」みたいな書き込みを見たら、それはパパ活をしている女性ということになります。
P活と全部書かずに「P」とだけ書くケースもあるので、Pという文字があったらP活のことだと考えてOKです。

P活や援助交際は金銭目的でセックスをするので、売春禁止法で禁止される違法行為のようにも思われますが、不特定多数の男性を相手にする割り切りフェラ活と違い、P活は特定のパパと継続的に会う関係です。
つまり不特定ではありません。
そのため、セックス前提のP活が違法かどうかは微妙です。
しかし、出会い系サイトではP活は禁止されているので、出会い系でP活の相手を探すのはあまりお勧めできません。

なお、セックスなしのP活であれば違法ではありません。
お茶を飲んだり、一緒に食事をするだけなら問題ないです。
ただし、相手の女の子が18歳未満であれば、セックスに限らず淫らな行為をすれば条例違反や児童ポルノ禁止法違反になるので、絶対にやってはいけません。


条件

条件とは

出会い系サイトやマッチングアプリの掲示板やプロフィールで目にする「条件」というワードは、割り切り(金銭目的でのセックス、援助交際)の金額のことです。
「セックスするための条件」という意味でしょう。

掲示板やプロフに「条件ありで会いましょう」などと書いてある場合には、「お金を払ってくれれば実際に会ってセックスします」というような意味になります。

出会い系サイトなどでは、金銭目的での出会いは規約上禁止されているので、掲示板などで「売春」や「援助交際」「売春」「ウリ」「パパ活」などの直接的なキーワードを書き込むことはできません。
書き込もうとしてもシステム的に引っかかって書き込めなかったり、通報されて退会やアカウント削除になってしまう可能性が高いです。
そのため、「割り切り」や「F割」「フェラ活」、「条件ありで」などの隠語を使って書き込むのです。

実際に出会い系サイトに登録して掲示板やプロフを見てみるとすぐにわかりますが、条件ありの出会いを探している人が男女ともにかなり多いです。
条件ありで男性を募集している女性も、生活に困って援助交際をしているという感じの女性だけでなく、普通にかわいらしい学生のような若い女の子や、かなり美人な素人女性もいます。

しかし、いわゆる売春禁止法などの日本の法律ではそのような金銭を介した条件ありの出会いは禁止されています。
普通にセックスしてお金を払う単純売春には罰則規定はないので、逮捕されたりすることはありませんが、建前上は違法です。
また、もしも万が一相手が18歳未満だった場合には、児童ポルノ法や条例違反で逮捕されてしまいます。
ですから、いくらかわいい素人女性が募集していたとしても、出会い系サイトやマッチングアプリで条件ありの出会いをするのはいけません。

条件ありの出会いでなくても、ワクワクメール(R18)などの大手の優良出会い系サイトを利用すれば、初心者でも彼女やセックスありの出会いを見つけることができます。
当サイトで紹介している初心者の出会いのコツなどを参考にして、是非条件なしの出会いをゲットしてみてください。


TOPに戻る

HOMEに戻る